壮大な思い違い

金融と商取引の包括的なアイデアは、究極的には人々の長年の努力の末に作り上げられたものです。この世には悪い結果が生じた場合に償還請求を行うためのエレガントな言語、意味を汲み取るための正確なツール、無限に発展する技術や、平等な取引を繰り返し模索した結果成立した法律が存在します。事実、初期の書面のいくつかは商業契約でした。

論理や、コンピューター操作、あるいは非情な力を携えた政府の手先の関与を排除したとしても、人間的要素を取り除くことはできません。それは仮想通貨に対する壮大な思い違いです。これらは人間が関わる現実とは往々にして隔てられています。

人々は間違いを犯し、心変わりします。また彼らは、自分が同意しているビジネス関係を完全に理解しているわけではありません。人々は欺かれ、詐取されるのです。個人および国家規模で状況が変化し、それらには独自の解決策が必要されます。念のために言っておきますが、ほとんどの契約には不可抗力条項が含まれます。

しかし仮想通貨は公平性や人々が奮闘する様を考慮しない法制度に完全に縛られている無神経で電子化された判事と雇い入れ、人間への理解、思いやり、判断を捨てようとしています。人類が自分たちの目的のためにルールを変えようと試みてきたことを考えれば、不正に加担しないシステムの存在は非常に新鮮です。

しかし、ユーザーがこれらの新しいシステムを従来の金融システムと融合させる必要があるとすれば、どうなるのでしょうか。また、これらを現代社会で活用するためにはどうすれば良いのでしょうか。たとえば、土地登録などの財産権は、物理的な世界のものです。よって土地のトークン化を行なった場合、その管轄の管理者の承認が必要となります。

別の例を挙げると、金塊は自分で動くことができません。電子化された判事が判決を下しても、人間がそれを受け入れない限り強制することはできません。また、電子台帳が現実とはかけ離れたものになっているかもしれません。

したがって、プロトコル設計者は、自身の仮想通貨と現実世界との関与をどの程度許容するべきかを決定する必要があります。柔軟性が高いほど、絶対的なものに対する忠実の度合いは低くなります。消費者保護が強化されるほど、ロールバック、払い戻し、履歴の編集を行うための仕組みが増えることになります。

このセクションと次の規制に関するセクションでは、カルダノのこのトピックへ対する実践的アプローチについて説明します。相互運用性の観点から、議論すべき2つの大きな分野があります。従来の金融システム (非仮想通貨世界) との相互運用性、そして、他の仮想通貨との相互運用性です。

レガシー

フィンテックは単一の規格または共通の言語で構成されていません。アプローチ方法、決算および清算を担当しているエンティティ、ビジネスプロセス、会計に関わっているドメイン、変革、価値の移動には多様性があります。

単一の技術が優れているだけで、他のエコシステムが敗北を認め、アップグレードを示唆するのは理不尽です。たとえば、多くの人々はリリースしてから16年が経過しているWindowsXPを未だに使用しています。この悲しい状況はMacintoshにも同様のことが言え、1984年にリリースされた初期型Macintoshを2000年になっても使用している人々がいました。

消費者行動はさておき、一般的に企業のアップグレードサイクルはさらに遅くなります。多くの銀行は今もなおCobolで書かれたバックエンドを利用しています。インフラストラクチャが機能し、ビジネス要件を満たしていれば、コンプライアンスやセキュリティの問題以外でソフトウェアやプロトコルのアップグレードを行うインセンティブはほとんどありません。

まずカルダノでは、従来のシステムとカルダノとを橋渡しすることが何をもたらすのかを明確にする必要があります。相互運用性についてある程度確かなものを保証するためにはどのようなシステム、エンティティおよびプロトコルを目指すべきなのでしょうか。これらの架け橋は連合化または分散化することができるのでしょうか。あるいは取引所のように、ハッカーや、悪意のある所有者、また過激な規制機関のターゲットとなるシステム上の欠陥の中枢となってしまうのでしょうか。

カルダノには3つの懸念があります。まず、情報の表現とその正確さに対する信頼性です。次に、価値とそれに関連する所有権の表現です。最後に、エンティティの表現と、特定のユーザーがそのようなエンティティからどの程度信頼されているかです。

有用であるためには、伝統的な金融界とカルダノの間で情報と価値が自由に行き来する必要があります。そしてその評価を構築し、償還のための基盤を形成するために結果を記録しなければなりません。しかしそのようなことは本質的には、関与するアクターが主体となって管理しているのがほとんどです。ブロックチェーン上でそれらをエンコードすれば、世界規模かつ永続的なものとなるでしょう。

加えて、従来の世界では価値は常に自由に動かせるわけではありません。禁輸、制裁、資本統制、司法行為により資産が凍結する可能性があります。また相互運用が可能であるためには、価値が漏出するような常に開放された逃し弁を作ってはいけません。

最後に、エンティティのブランドと評判は、商業関係における基盤の1つです。ブランドを確立、維持、修復するためのマーケティングキャンペーンには、毎年数十億ドルが費やされています。人または団体に関して誹謗、虚偽、または誤解を招く主張がなされた場合、法的訴訟を求める権利を有します。とは言え、ブロックチェーンは歴史を曲解することなく永久的に保存しようとします。

我々がプログラミング言語を選択したのと同様に、カルダノがこれらの問題を普遍的に解決する理想的な方法は皆無です。むしろ、支持された意見になびくしかありません。

この情報の流れは信頼できるデータフィードと呼ばれています。それには情報源とコンテンツがあります。情報源には信頼の概念と誠実さを維持するかまたは欺くかのインセンティブがあります。コンテンツは任意にエンコードできます。

プロトコルスタックでTrusted Hardwareの対応を行う予定があることから、Ari Juel教授のTown Crierプロトコルをサポートすることしました。信頼できる情報源の存在を前提とすると、Town Crierはスマートコントラクトや他のアプリケーションで使用できる安全なウェブスクレイピングを可能とします。

Emurgo、IOHK、カルダノ財団が情報源のブートストラップリストを提供することになっています。今後これらのリストはカルダノの財務システムから派生した仕組みをコミュニティが利用することによって精緻なリストに置き換えられます。我々の希望は、評判システムが良好なデータフィードによって実現し、それによって徐々に信頼性と忠実性を向上させ、肯定的なフィードバックグループを形成することです。

価値の表現は、より複雑なトピックです。情報は、正確性、適時性、完全性が確立されていれば、プロトコルは信頼性が高い、決定論的な振る舞いをします。一方、価値はより繊細です。

一度トークン化されると、価値は一意のオブジェクトのように動作するはずです。情報はコピーして渡すことができますが、何かの所有権を表すトークン(たとえば所有権の証明書)は、2つの異なる台帳に複製して取引することはできません。この行為は、システムの完全性を破壊することになります。

従来のシステムとの相互運用性においてトークン化された価値を扱う上での課題は、トークンが台帳間を移動する際に信頼性、監視能力が変更されることです。たとえば、ボブがビットコインを所有していて取引所に預けた場合、ボブは取引所の台帳にて自身の所有権を主張していることになります。MtGOXの場合には、台帳は現実に沿うことなく、ユーザーは全てを失いました。

この問題は、従来の金融システムが仮想通貨内で発行されたトークンを認識する必要性が生じる際にさらに複雑になります。前述のように、企業はソフトウェアのアップグレードや新しいプロトコルへの対応に対して否定的です。このような状況では、明確な解決策を見出すことが困難になります。

カルダノでは、ユーザーに取引に関する豊富なメタデータを添付するオプションを提供し、それらを利用する業界標準が策定されることを期待しています。既に時代遅れの金融プロトコルをアップグレードするためにInterlederワークグループR3Cevらによる研究成果、国際的な義務づけなどいくつかの進展がありました。

しかし、従来のシステムから仮想通貨の台帳に送られてきた価値を定量化し、その有効性を証明する方法については、未だに課題があります。たとえば、ボブが銀行のオーナーで、ドルで裏付けされたトークンを発行した場合、彼はカルダノでのユーザー独自通貨のように、自身のトークンを台帳に送るためにいつでも両者をつなぐことができます。

カルダノは所有権を正確に追跡し、タイムスタンプや監査機能などの機能を提供してくれますが、仮想通貨はボブを正直な銀行家にすることはできません。彼は自身のドルトークンを実際のドルで裏付けしないことによって部分準備銀行を運営することができます。この詐欺は、ドル自体が電子台帳25によって占められているトークンでない限り、仮想通貨によって検出することはできません。

最後に、インターネット上のエンティティの表現は、インターネットが発明された頃から存在する古典的なネットワーク問題です。大学、企業、政府機関、そして任意のユーザーは、なんらかの身元確認を行う必要があります。

そこで、ウェブの公開鍵インフラストラクチャ(PKI)ICANNのDNSシステムのような実用的で集中化された解決策が実装されました。現代のウェブを我々が享受していることを考えると、これらの解決策は拡張性及び実用性の両方を兼ね備えています。しかし、これらは企業がビジネス行うべきなのかを判断する際に必要な信頼性、信用性、及びその他のメタ特性など、より商業的なデータを提供できるわけではありません。

EBayのような多面的なマーケットプレイスの運営は、取引を完了するためのフレームワークと共に、メタデータをいくつか提供するビジネスモデルを構築しました。コンテンツ、イベント、ビジネスの品質に関する評判は、信頼された情報源からの評価によって大きく影響されることがよくあります26

評価が特定の情報源に左右されるという問題はカルダノにも起こりうることです。カルダノの目標の一つは、発展途上国のための金融スタックを提供することです。これを達成するための鍵となるのが、一度も会ったことのないアクターとの信頼を確立する能力です

あるエンティティの良し悪しが、コミュニティ全体としての実際のやりとりから導き出された有機的なプロセスではなく、単一のエンティティまたはエンティティのコンソーシアムによって分類される場合、彼らは自らの判断基準に基づいて任意のエンティティをブラックリストに載せることができます。この力は、プロジェクトの価値観に反しており、仮想通貨の利用を大幅に妨げます。

幸いにも、財務に利用される投票システム、信頼できるデータフィードのリストに情報源を追加する方法、プロトコルのフォークに利用している仕組みは、評判システムを確立するために再利用できます。これはオープンな研究領域であり、カルダノのより基本的な要素が定着した2018年から2019年の間に、分散型評判システム、すなわち信頼できるウェブにオーバーレイプロトコルを提供する予定です。

仮想通貨との相互運用性

分散型台帳については、その相互運用性ははるかに容易です。各台帳には、それぞれのコンセンサスアルゴリズムに関するネットワークプロトコル、通信規格、およびセキュリティの仮定があるため、その定量化は容易に行うことができます。

情報の移動は、外部ネットワークに接続してメッセージを変換することによって確立されます。価値は、中継システムアトミッククロスチェーン取引、または巧妙なサイドチェーンの仕組みを通じて動かすことができます。中央集権的な管理機関がないため、エンティティの単一表現でさえも、信頼できる開発者、マイナー、その他の実力者のメタ議論を制限します。

カルダノでは、Kiayias、Miller、Zindros氏が開発した新しいサイドチェーンプロトコルの統合を行います。これは、プロトコルに対応する2つのチェーン間での価値の移動を安全かつ非対話的に行う方法を提供してくれます。この仕組みは、CSLとCCLの階層間で価値が移動するための主要な方法となります。

他の仮想通貨については、価値とユーザーベースでカルダノが成長していくにつれて、連合化された相互関係が形成されるはずです。この成長を促進するために、カルダノSLは相互運用性スクリプト用の制限されたバージョンのPlutusをサポートしています。これらのニーズに応えるための新たなトランザクション方法はShellyおよびそれ以降のリリースで追加されます。

ダイダロスの迷宮

他の通貨との相互運用性は、グローバルな視点から来ています。専門的なプロトコル、新しいタイプのトランザクション、信頼性を評価するシステム、および情報の流れは、単一のゲートキーパーまたはユーザーを対象としたものではいけません。むしろ、誰でも自由に閲覧できるものでなければならないのです。

しかし、もしカルダノがユーザーによって必要不可欠なプロトコル、トランザクション、またはアプリケーションに対応していなければどうなるのでしょうか。我々は見向きもされなくなってしまうのでしょうか。Webは、1990年代に同様の懸念に直面しました。

幸い、Webはこれに対して2つ解決策を見出しており、仮想通貨にもそれらを講じることができます。JavaScriptの導入により、どんなウェブサイトでも任意の機能を追加することができるプログラム機能が提供されました。また、ブラウザプラグインと拡張機能を導入することで、ユーザーがそれらをインストールできるカスタム機能が追加されました。現代のWebは、両方のアプローチを採用したことにより発展してきたのです。

イーサリアムは、ユーザーがそのブロックチェーンのサブプロトコルをスマートコントラクトとして埋め込むことを可能とするような前者のアプローチを採用しました。カルダノは、CCLのパラダイムを通じてこの機能をサポートしています。しかし、カスタム拡張機能についてはどうでしょうか。

わかりやすい例としては、仮想通貨のトレーダーが挙げられます。DM(Decentrialized marketplace)と呼ばれる、様々な仮想通貨を取り扱っている分散型市場を想像してみてください。トレーダーは、DMに作用する戦略を自動化したいと考えています。

断片化されたエコシステムでは、トレーダーは仮想通貨ごとに数十のクライアントをインストールし、自動取引を調整するために各クライアントとの対話を可能とするカスタムソフトウェアを作成する必要があります。また、クライアントが1つでも更新されると、ソフトウェアが破損する可能性があります。さらに、トレーダーがそのソフトウェアを販売したい場合はどうすればよいでしょうか。

Webの拡張モデルを利用し、様々な仮想通貨のインターフェースをWebスタックに取り込めることができれば、トレーダーのタスクは劇的に改善するのではないでしょうか。これが実現すれば、普遍的なインターフェースが確立され、インストールはワンクリックとなり、ソフトウェアの配布は、Chromeウェブストアのようにモデル化することができます。

カルダノでは、ウォレットのフロントエンドにElectronを利用することによって、このパラダイムを実験することにしました。これはGithubによって管理されているオープンソースプロジェクトであり、NodeとChromeの両方の技術を組み合わせたものです。カルダノが組み込まれたElectronアプリケーションはダイダロスと呼ばれています。

ダイダロス27の第1世代は、消費型パスワードやBIP39など、業界標準となっている多くの会計およびセキュリティ機能をサポートするHDウォレットとして機能することでしょう。後の世代では、ダイダロスは普遍的な統合APIとSDKを備え、ストア機能が搭載されたフレームワークとして開発されることでしょう。

技術革新としては、プログラマーがJavaScript、HTML5、CSS3を使用してアプリケーションが構築可能であり、またアプリケーション間の通信に統一された回線を利用することによって、開発が容易に行えることです。暗号化、分散ネットワークの管理、データベースの仕組みなど、複雑な動作を取り除くことで、開発者はユーザーエクスペリエンスとアプリケーションのコアロジックに専念することができます。

ダイダロスを普遍的なフレームワークとするために、そのロードマップと進化は、カルダノからある程度独立しています。2017年ではこれらは密接に関連していますが、将来的には、カルダノはダイダロスユーザーのためのアプリケーションの1つとなるでしょう。また、インテルSGXのみで実行可能な普遍的なキー管理サービスなど、非常にユニークな機能も模索しています。

結局のところ、我々プロトコル設計者は、すべてのニーズに応えることができません。ダイダロスの柔軟性と、CCLで実行されるステートフルなスマートコントラクトを組み合わせることによって、我々の設計上の決定から除外されたものを実装できると期待しています。また我々は、すべての仮想通貨がより良い相互運用性とセキュリティを享受できるような規格がダイダロスから実現されることを望んでいます。


脚注

25: 一方、電子台帳の場合、プルーフオブリサーブは、仮想通貨のみが唯一正直な取引所として機能する巧妙な方法として提案されています。

26: これらの評価は、コンテンツ自体の作成にも影響します。Rotten Tomatoesが映画業界にどのような影響を与えたかについてのこの興味深い記事をご覧になってください。

27: これは既にdaedaluswallet.ioで入手可能です